Startseite
  Über...
  Archiv
  Gästebuch
  Kontakt
  Abonnieren


http://myblog.de/abcdokok

Gratis bloggen bei
myblog.de





もう終わりでしょう

くて暴れに来たのかな。ともかく、追っ手は何人も怪我するし、ありゃ、手負いの獣そのものっすね」 「でも――もう終わりでしょう?」 「そりゃそうっすよ。この街に、学園に、奴の逃げ場はないっす」  自信満々で言い切る秋山。 「とりあえず……」 「え、とりあえず何っすか?」 「疲れた」カシオ ブライツ 限定  そう言って、よろよろと夏彦は病室に帰っていった。  ちなみに、帰った先では律子が目を覚ましており、 「し、心配した……のに、け、怪我してるんだから、だ、駄目、出歩いたら」  と夏彦は怒られる羽目になった。  ――夏彦としても、嫌な気はしなかったが。後始末  夜の街を全力で走っていた。  獣のように、といえば聞こえはいいが、顔を血で汚して、追っ手に怯えながらの逃走だ。  久々津のはらわたは煮えたぎっていた。  憎い憎い憎い憎い憎い。  邪魔、邪魔、邪魔、邪魔、邪魔! どいつもこいつも邪魔ばかりだ。カシオ ソーラー  言葉が頭の中を回る。  あの男子生徒が言った「殺し合いになどならない」「お前よりも律子さんの方がよっぽど強い」という言葉。馬鹿にされた。馬鹿にされたのだ。その上。  斬れなかった。馬鹿にしてきた奴など、一人残らずぶちのめしてきたのに。  あんな奴に、馬鹿にされて。殴られ、そして。  逃げている。  脳髄が沸騰しそうだった。冷たい夜気も、冷静にはしてくれなかった。  殺してやりたい。  そう思いながら、夜の街を、それも人通りのない路地を選んで、走り抜ける。  もはや自分の力で逃げ切れるとは思っていない。だが。  自分に、学園を混乱させるように依頼した連中。腕時計 カシオ  あいつらが、まだ自分に利用価値があると踏んだなら、再利用のために逃がしてくれるかもしれない。  どうすれば、自分の利用価値をアピールできるか。  斬ればいい。斬ればいいのだ。できるだけ多く、できるだけ有名な人物を。  そうすれば、まだチャンスはある。今、この場さえ逃げれば。  奴らを斬り殺せる。  久々津の脳裏に、律子、そしてさっきの男子生徒の姿が浮かんだ。    日本刀を両手にそれぞれ握ったままで、久々津は路地を走り続けた。  追っ手の足音がいつの間にか遠ざかっていた。 「……撒いた、か?」  別に、追ってくるなら斬るだけだ、と久々津は思っていた。  だがそれでも、追っ手を振り切れたというのには安心した。走っていた足をとめ、 「はぁ……はぁhttp://www.shpmostly.com/ カシオ ダイバー
19.8.13 09:26
 


Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)



 Smileys einfügen



Verantwortlich für die Inhalte ist der Autor. Dein kostenloses Blog bei myblog.de! Datenschutzerklärung
Werbung