Startseite
  Über...
  Archiv
  Gästebuch
  Kontakt
  Abonnieren


http://myblog.de/abcdokok

Gratis bloggen bei
myblog.de





好きなアーティストのライ

界ということになります。それなら契約によって姿が変わるのも頷ける。創造主に新たに従僕が出来て世界に法則が加わるということですから」 夜空。 うん、いや希望的な観測ではなく僕の知らない空のはずだ。そうだ、流石に世界の創造なんてぶったまげた事を異世界ライフ数日目でやらかしたなんて信じたくないし。 うむ、う、む、知らない、空だ。大丈夫だよな。星座とか。 その辺は疎いから北斗七星とかちっちゃいWとか砂時計みたいなのとか…。後水瓶座と乙女座と双子座。これだけは形覚えてるんだ。 「北斗七星、カシオペア、オリ、オン」 あ、あ、あ、あった!?tumi リュック 配置は滅茶苦茶だけど。そこかしこに知ってる星座がある!季節を無視してるのがこれまたリアル! 「どうやら、星の配置にも見覚えがあるご様子で。謎が解けたというのは好ましい事ですが、これは参りましたなあ」 「虫、いや女神か?」 「ええ、あの神の気性からして。この事実を知れば多分若の排除に動くでしょう」 だよな、あの女神ならきっとそうする。勇者さえ使いかねない。それは僕の本望ではない。絶対にない。 「当面は隠すことにして対策を講じるとしましょう」 この侍名探偵さんめ。 魔力制御を完全にしてとにかく今は隠さねばね。勇者との対立は本気で勘弁だ。 しばらくは弓道もお休みしないとな。そうなると、今日たくさん射ることができたのはせめてもの幸運? うん幸運だ。少なくともいきなりラスボスが襲い掛かってくる危険が減ったんだし。 プラス思考プラス思考。 そうだ、レンブラントさんに薬剤関係の人を紹介してもらったらすぐに学園都市に発とう。 ついでに学生生活でも送ってこようかな。アハ、アハハ、ハハ、ハ……。 ************************************************ 書き終えてあった本編を先に投稿しました。 ご意見ご感想お待ちしてます。今回は短いです。 ******************************************** マコトノセカイ ~巴~ ~side 巴~ 我が主が着座していた。 気配は希薄。死の一歩手前だ。 だが、主の様子に死の匂いが無い。何という矛盾か。 宴を中座したであろう主の気配が突如薄れたのを察知して澪とこうして居場所を突き止めたものの。 これは何だというのだろう。 澪の奴はすぐにでも飛び出して安否を確認しようとするが、儂はそれを止めた。 若の様子だ。まるで日々の習慣を行っているかのように見えたのだ。tumi 財布 様子を見ようと澪を言い含める。若に自殺の兆候は無かった。それどころか仮面を外すだの商会の店舗だ所属だと、むしろ充実しておられるようだ。 澪の見つけてきた花の件でも大層にお喜びだった。 そんな儂らの目の前でそのトンデモ儀式は行われた。 見ていて飽きぬ方だとは常日頃から思っていたが今回という今回はそれ所ではなかった。 調査しても進展させられなかった問題の1つ、亜空の拡大がまさに若の意識が再び若に戻っていく瞬間に起こったのだ! 同時に若は存在を明らかな物としてそこに立ち、番えた矢は遠く離れた的に吸い込まれていった。一連の所作は見惚れるほどの美しさだった。まるで呼吸するように、儂の目は若から矢へ、そして遠方の的へと視線を動かしていた。 当たらぬ、などとは露ほどにも考えなかった。若が静から動へと転じた時、儂までもがその結果を確信していた。 そして的から若を見遣った時、儂は口があんぐりと大きく開かれるのを感じた。 これまでも十分に巨大だった若の魔力が一気に跳ね上がっていた。 魔力の最大値など、早々上がるものではない http://www.bagsradiate.com
12.9.13 08:19
 


Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)



 Smileys einfügen



Verantwortlich für die Inhalte ist der Autor. Dein kostenloses Blog bei myblog.de! Datenschutzerklärung
Werbung