Startseite
  Über...
  Archiv
  Gästebuch
  Kontakt
  Abonnieren


http://myblog.de/abcdokok

Gratis bloggen bei
myblog.de





西武若獅子寮で出る食事は

ら、開店後はこれまで程は食べにこれないかと思うと少し寂しくもある。いや識に話を振ればここになる可能性は高いから、意外と来るかもしれない。僕としてはせっかく地域性を無視した様々な店が集まっているのだから滞在中に色んな料理に手を出して見たいんだよな。もしかしたら巴より先に昆布や鰹節にあたる何かを見つけられるかもしれないし、そうなったら良いお土産になる。クロエ かばん いつか、識に僕の知る鍋も振舞ってやりたいな。水炊き、しゃぶしゃぶ、すき焼き、湯豆腐……。うん、僕も食べたい。 ああ、そうだった。出来たら今日の夕方には店の内装にも手をつけていきたいな。ある程度のデザインは識と近辺の店めぐりをして目処をつけてあるんだ。この世界では魔法さえ使えれば、内装をいじるのに必ずしも職人を呼ぶ必要が無いというのも嬉しい。ちょうど識は土の属性でその手の魔法も使えるとのこと。節約出来ると地味に気分が良い。 何より僕の魔法の練習にもなる。最近では出来るだけ魔法をすぐ発動出来るよう集中状態を保って過ごしている。それでもそう長くも維持できず、不完全なりに効果の高い防御障壁を作る練習もやってみたり。戦場の様な特殊な精神状態にある場所で、魔法を手足の如く扱うのが如何に難易度が高い事かはつい先日思い知らされていたから。 一度あの虫に発見された以上、いつ何が起こるかわからないという事実。一日一日を大事に、無駄にしない気持ちでいないとね。命、懸かってるから。 昼食を終えた僕と識が学園に着いた時間は、早めに食べた食事のおかげか、学生のお昼休みの時間と重なったようだ。かなりの人がそれぞれの建物から吐き出されている。白亜の巨大な建造物はどこか現代的にも見えて懐かしさも感じる。学校、という性質も郷愁を感じさせる一因かもしれない。 見慣れない僕らに珍しげな視線を浴びせる(僕の容姿が原因で無いと信じたい)彼らを避けながら、僕らは指定された場所へと向かうのだった。 ……仰け反ったり二度見されたりしたのも、き、きっと物珍しいからに違い無い。 ************************************************ 拙作を投稿し始めて半年が経ちました。 今後も安定投稿しながら真の道中を書いていきますのでよろしくお願いします。 ご意見ご感想お待ちしています。図書「館」の出会い [よろしくお願いします] 「よろしくお願いします」 僕と識が改めて挨拶を済ませると拍手が聞こえた。クロエ ショルダーバック ここは学園の事務を総括する部屋、らしい。広く、机が並ぶ光景は一瞬職員室を想像させるものの、独特の緊張感は感じない。授業内容や規則について詳しく説明され、その後僕らのプランを聞かれた。 応対をしてくれたのは二人。 一人は僕と同じ教師の人らしい。同じ、とは言えないか。彼は常勤の先生で僕は非常勤だ。この学園に毎日通勤するでもないし寮にも入ってないからな。同じ戦闘技術を教えている人らしいけどそれほど強く見えない。戦闘技術、なんて机上で語っただけで意味は無いと思うから、それなりには強いのだろうな。実際の授業での内容や現実の学生のレベルを教えてくれた。ままごとかと思った。でも、思っただけ。流石に僕も自重したよ。エリート(笑)さんの相手は少し困るなんて言えない。 もう一人は事務の偉い人。こちらは教師の男性に少し見られた尊大な様子は一切無く、腰の低い感じだった。僕の高校にいた事務員さんはやたらとフランクな接し方で最初戸惑ったけど、目の前の人は丁寧できちんとしている。学生に対する態度か教師に対する態度かの違いかな。でも給料や僕の店に対する質問にも資料を見るでもなくす http://www.nckxx.com
26.9.13 05:59
 


Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)



 Smileys einfügen



Verantwortlich für die Inhalte ist der Autor. Dein kostenloses Blog bei myblog.de! Datenschutzerklärung
Werbung